薄毛の最近のブログ記事

89歳になる母親の付き添いで近所の診療所に行ったところ、今度一度ゆっくり健康診断に来るようにと言われました。

母親は別段認知症の傾向もなく、少々血圧が高いだけなので、自宅から週に一度定期的に通院しています。

その診療所は、親子三代に渡って続いている地元では老舗の診療所で、私もずっと子供の頃からお世話になっていました。

しかし、今はこれといった病気もなく、年に数回鼻風邪を引く程度。

普段、平日はパートに出ているため、母の通院の付き添いは、もっぱら同居している息子の嫁に任せきりでした。

ですから、もう何年もその診療所を訪ねる事はなかったのです。

ただ、今日は嫁が孫の幼稚園の親子遠足で出かけているため、私が仕事を休んで実家の母の送迎をする事になっていました。

"久しぶりですねぇ、お元気でしたか?"と声を掛けて下さった先生の奥様でもある看護婦長。

高校の同級生だったご主人と一緒に、今も元気に診療所を切り盛りしておられます。

勿論、顔色もとてもよく、肌つやも美しいし、髪も黒々フサフサです。

まあ毛の色は簡単に染めてごまかす事が出来ますが、毛の量はそうはいきません。

あれはどこからどう見ても鬘ではありませんでしたから、間違いなく全身健康なのでしょう。

流石、ご主人は医者、奥様は看護婦というおしどり夫婦です。

 

私といえば、もう最近はすっかり年取っちゃって、シミもシワもこれこの通り、努力しても隠せないようになって来ました。

おまけに、髪もすっかり薄くなってねぇ、幸い白髪は少ないので染めていませんが、見るからにいいおばあちゃんになっちゃいました。

母親の診察をして下さっていた先生が、ふと私の顔を見て、「最近少し調子が悪いと思う事はありませんか」と尋ねられました。

まあ確かに、少し疲れやすくはなって来ましたが、「もう年も年ですしねぇ、しかたないと思ってます」と答えました。

ところが、「もし時々めまいなどがするようであれば、一度検査にいらして下さい」と言うのです。

私は、何か悪い病気にでもかかっているのだろうかとも思いましたが、先生は母親の診察をしただけで、私の体には指一本ふれてはいらっしゃいません。

それで病気かどうかが分かる訳ないだろうし、ただ単に私の体を心配してたまにはちゃんと検査しておいた方がいいのではないかとおっしゃって下さっているのだと思いました。

 

その後、待合室に戻り、おばあちゃんの血圧の薬をもらうために椅子に座って雑誌を読みながら待っていました。

すると、私の肩を後ろからトントンと叩かれ、ちょっとこちらにいらしていただけますかっとおっしゃったのは奥様の婦長さん。

どうやら、私の髪の抜け方がご主人共々気になるとおっしゃるのです。

もうこの年になれば、髪が薄くなるのも自然現象だろうし、何が何だか私にはさっぱり判りませんでした。

しかし、女性の抜け毛には甲状腺機能低下などの病気が潜んでいる事が珍しくなく、時に膠原病のサインにもなる事があるというのです。

しかも、ベテランのドクターやナースたちは、抜け毛の症状からそれらが分かるというではありませんか。ハーブガーデンシャンプー

もうビックリ、早速来襲始めに検査をしてもらうよう予約をし、取り敢えず母を実家に送り届けて帰って来ました。

でも、誰もいない家でぼんやりしていると余計に気になって、気が付くとパソコンの前に座っていました。

そして、抜け毛と病気に関するブログやサイトを読んだり、こうして自分のブログに書いたりしながら、孫が元気に帰って来るのを待っているところです。

今時の子はもう・・・!と、女子大生の頃にはよく、母親や親戚の叔母さん連中にグダグダ言われたものです。

確かに、学生時代の私は、髪は染め放題だったし、盛りヘアで堂々と家の近所を歩き回っていましたからね。

自分では、今最新の流行を追っているんだから、何が悪いんだって思っていたけど、やっぱり親や親戚にしてみれば、かなり恥ずかしかったのでしょう。

私の育った実家の辺りは、東京とは家、かなり外れの方で、まだ田舎の考え方が充満していました。

だから、近所の同級生はみんな、わざと地方の会社や学校に言って、早くから家を出ていたんです。

でも、うちはおばあちゃんが私の事をすごく可愛がってくれていて、そのおばあちゃんが病気だったから、近郊の大学に進学したんですよね。

おばあちゃんに心配掛けたり、淋しい思いさせたりしたくなくて・・・。

こう見えても、おばあちゃん思いの結構素直ないい孫娘だったんですよ。

 

でも、今になってちょっと後悔、必要以上に髪を染めたり盛ったりするのは、体裁とか恰好とかだけじゃなく、髪にも余り良くはなかったようです。

まだアラサーにはほど遠いというのに、もう髪のダメージが酷くて、見た目もまとまりも悪くてしかたありません。

おまけに、最近は頭が痒くてしょうがなくて、この間美容院へ行った時に見てもらったら、地肌がかなり荒れていると言われました。

もしかしたら、毛根のダメージから来ているんじゃないかっていう事でね、結局カラーリングもストレートパーマも出来ないまま帰って来てしまいました。

頭皮が痒い原因は、他にもいろいろ考えられるから、とにかく一度皮膚科へ行った方がいいと美容師さんには言われたけど・・・。

どうしよう、この年でハゲになるなんていう事、あるのかなぁ。

でも、気を付けないと、近頃は高校生や中学生でも髪を染めたりしている人が多いでしょう。

20代でもこっそり育毛剤を使っている人って、結構沢山いるそうですよ。

それどころか、20代の女性を対象にした育毛剤もあると聞いてビックリしました。

 

早速、家に帰ってブログやサイトでその実態を調べてみると、どうやらこの20代の女性向け育毛剤があるのは事実のようなんです。

アットマークコスメなどの掲示板にも口コミが投稿されていて、しかもかなりの売れ筋ヘアケアアイテムになっています。

でも、育毛剤なんか使うと、余計に髪や頭皮を傷めて、ハゲになるんじゃないかという心配もあります。

なので、私はまず先に皮膚科へ相談に行ってみようと思っています。

そして、今の若い人たちに言いたい、あまりカラーリングや盛りヘアばっかりしない方がいいかも知れないですよって。ハーブガーデンシャンプー

まあ今の若い人って、自分も一応今の若い人だけど、とにかく髪は大事にした方がいいっていう事です。

特にほら、この頃は姫盛りヘアとか、スジ盛りヘアとか、上げ娘盛りヘアとか言って、いろんな色とスタイルの盛りヘアがあるじゃないですか。

ついこの間も、AKB48のテレビで取り上げていたけど、ホント、見た目はインパクトもあっていいんですよね。

だけど、度が過ぎると後で泣きを見る事になるかも知れないっていう事をちゃんと考えて、適度に楽しんで欲しいですね。

て、この年でもう悟りに入っている自分が悲しい&淋しいよ~。

後悔先に立たず、です。

最近急激に髪が薄くなったような気がするのは、やはり年のせいなのでしょうか。

しかし、中高年女性の抜け毛には、様々な要因があり、時に悪い病気のサインになっている事もあると言います。

となると、当然放っておく訳には行きませんし、育毛剤でなんとかというのも非常に危険です。

ここは一つ医師に相談した方がいいのではないかと思い、いろいろ調べて見ました。

すると、薄毛や抜け毛は病院で治るという事実を知ったのです。

最近は薄毛クリニックなどという抜け毛専門の医療機関もあるそうですね。

脱毛しにクリニックへ行く人もいれば、脱毛を食い止めるためにクリニックへ行く人もいる、何とも面白い世の中になったものですね。

 

確かに効果の高いと言われる育毛剤は全て医薬品扱いになっていますから、抜け毛や薄毛というのは、ある意味、立派な病気の一つなのかも知れません。

今人気のリアップとかいう育毛剤なんかは、高血圧症とか心臓病の治療に使うのと同じ薬が入っているのだそうですね。

という事は、病院でリアップに似た育毛剤をもらえば安く付くっていう事かしら。

だって、ほら、病院での治療とか薬っていうのは健康保険が使えるじゃないですか。

でないと、あのリアップみたいな効果の高い育毛剤は、お金も高いのよねぇ。

と思いきや、美容整形と同様、薄毛や抜け毛の治療は、健康保険の対象外なんですって、ガッカリ。

ただし、私位の年齢の女性になると、甲状腺の病気や、他の内臓疾患から毛が抜ける事も多いとか・・・。

そして、こうした病気の治療には、当然のごとく健康保険が使えます。

でもねぇ、例え健康保険でお得に育毛剤が入手出来たとしても、他に病気があるっていうのも嫌ですよね。

それだったらまだ、単なる加齢による抜け毛の方がましだしなぁっとも思います。

されど、このままリアップを続けるには、今以上にパートの時間を増やさないといけないというネックもあるんですよね。

そう、私、もうすでにリアップを使ってて、結構いいなぁっとは実感しているんです。

 

ところが、大正製薬さんのリアップは、女性にとっては余り良くないかも知れないという噂話を耳にして、俄に怖くなったというわけです。

多分、男性ほど利用者がないから、まだ明らかになっていない部分が多いっていうだけの事で、そんなに真剣に受け止める必要はないんでしょうけどね。

こういうつまらない事をすぐに気にする性格が、余計に抜け毛を増やしちゃうんだろうなぁ。

とにかく、今度一度薄毛クリニックに行ってみようと思っています。ハーブガーデンシャンプー

もしかしたら、そこで、もっといい育毛剤に出会えるかも知れないし、ちゃんと抜け毛の原因を調べてもらう事は大事ですものね。

今のところ、自分では特に体の異常は感じてないんだけど、パートだとほら、健康診断ていうのがないでしょう。

だから、それも兼ねて一度専門医を受診してみようと考えているんです。

という事で、どこの薄毛クリニックがいいのか、目下物色中、ブログやサイトからいろいろ調査しています。

とは言っても、薄毛を専門的に扱っている医療機関はまだそう多くはないから、結構早くいいところが見付かりそうですね。

カテゴリ